「ほっ」と。キャンペーン

面白きなき世を面白く


by aokihonoka


                                         
                                            
                                            
                                            
                                            

それは

世界征服計画
に巻き込まれているからです。



人気ブログランキングへ
[PR]
# by aokihonoka | 2009-11-18 23:50

世の中みんなそうです。

1521年まで、メキシコにはアステカ文明が栄えていたのだが、
スペイン人コルテスの侵略に屈した後は、鉱山開発で過酷な労働を強いられ、天然痘などの流行もあって人口が激減した。
さらにキリスト教宣教師が固有の宗教を破壊し、経済的にも教会が国の資産と土地の3分の1を占有した。
人種の混合政策がとられ、スペイン人の血の濃さに従って、複雑な階層に分化した。
こうした過程で、アステカ文明は根絶やしにされたのである。

実はこれは日本人にとっても他人事ではない。
戦国時代にスペインやポルトガルからキリスト教の宣教師がやってきたときに、
日本が信長や秀吉や家康のようなすぐれた人物に恵まれず、
また民族的なエネルギーも不足していたら、メキシコ人と同じ運命をたどった可能性があった。
現実にアジアでもフィリピンがそうなっている

イエズス会の宣教師たちは、日本を占領するつもりで来たのだが、
武士の戦闘能力とその動員数、そして鉄砲が日本全土で10万丁も普及しているのに驚き、
本国に「日本占領をあきらめるべし」という手紙を書いた。
そのかわりに狙ったのが、西国の大名を改宗させ、それを手下に使って、
九州の神社仏閣を破壊し、日本の中にキリスト教区を作ろうとした。
さらに明の侵略にも使おうとしたのである。

豊臣秀吉は、明がスペイン人に征服されては、いずれは日本にも魔手が伸び
元寇と同じ事が起こると考え、バテレン追放令を出し、
さらにスペインがルソンから明へ派兵できぬよう先手をとろうと明征伐に向かったのである。
それは文禄の役のときスペイン領フィリピン総督府あてに牽制の手紙を出していることでも明らかだ。

歴史の教科書では、こうしたスペイン人の侵略を伏せている。
これではキリシタン弾圧も、明征伐も、秀吉の狂気の沙汰としてしか描けない。


私が思う「日本が受ける報い」というのは。併合の事でも、アジアで戦った事でもありません。むしろ、これらは『日本の徳を積んだ』と思っています。ですが、私が言う報いとは、“日本人同胞”に対してです。

①いまだに英霊方の「名誉回復出来ない」

②30年以上も、拉致被害者を「放置」

③海外戦没者約240万人のうち、約半数(約125万柱)は「送還されていない」

④凶悪犯罪被害者に対しても、「無関心」が多いように思います。

⑤外国勢力による領土・領海侵犯に対しても無関心です。

これらの事柄は、「日本の不徳又は罪」でしかないと思います。外国人には優しい日本人も、同胞に対して、何故ここまで冷たくなったのか?本当に不思議です。

ですので、日本人が日本人同胞に対して、もっと普通の感覚を持てていたのなら、「ここまで外国勢力に、「蹂躙されることも無かったのでは?」と思うのです。

私の友人の1人が『日本の政治家が馬鹿で、国民だけが賢明だという事はないよ』と言ってましたが…、ある意味、真実を突いていると思いました。


日本に男が減りました。男とは何ぞや・・・義侠心・忠誠心・犠牲心・闘争心・道徳心を持ち不様な自分を嫌う。
こんな男に成りたいと思う!!



人気ブログランキングへ
[PR]
# by aokihonoka | 2009-11-15 22:17

絶対絶命

a0141235_20334042.jpg



この旗の意味お分かりですか?



勝てば官軍、負ければ・・・。


人気ブログランキングへ
[PR]
# by aokihonoka | 2009-11-14 20:37

マトリックス

映画マトリックスを見たことありますか?

面白かったですか?

あんな世界に住んで無くてよかったですよね?



でも実は・・・・

今の世の中もあの世界なのです

[PR]
# by aokihonoka | 2009-11-14 01:33

有言実行!!

今、日本の危機ですよ!!

天皇への回帰」復古という姿こそ日本的改革

天皇は、権威、たましい、祈り、という目に見えない世界を体現する存在である。
[PR]
# by aokihonoka | 2009-11-14 00:26